今回は学習計画を立てるときのポイントについてお話しします。
同じ時間を学習に費やすなら、効果的な方がいいと思いませんか?
eyechatch
学習には大きく分けて2種類のカテゴリーがあります。ひとつめは「覚える」ということ、ふたつ目は「考える」ということです。試験にも「知ってれば答えられるし、知らないと手も足も出ない」問題と、「考えて答えを作る」問題とがありますよね。この2種類は常に意識したうえで日々の学習計画を組み立てる必要があります。

まず、「覚える」の方ですが、これはもう作業です。単純な繰り返しに勝るものはありません。繰り返し見る、繰り返し書く、繰り返し解くなど、かならず繰り返す必要があります。単純作業なので飽きもきやすいですし、モチベーションも上がりにくいのはたしかですが、逆に考えるといつでもどこでも取り組めます。通勤・通学の途中やトイレでも大丈夫。少しでも空いている時間があったら、どんどん詰め込んでいってください。

また、「覚える」という作業にはもうひとつ重要な効果があります。集中して「覚える」という作業に取り組むと、頭の回転が上がってきます。これから「考える」学習をするという時間帯の直前に取り組むと、次の段階である「考える」学習効率が非常に上がります。ちょっとしたウォーミングアップに、ぜひ取り入れてください。でも、あまりに長時間やりすぎると逆に思考停止しちゃうんで、10分~15分程度を目安にしてくださいね。

次に、「考える」の方ですが、しっかりと集中することが重要です。考えがまとまりかけている時に、「ごはんよ~」とか、「ちょっといい?」とか、電話やメールの着信があると、完全に思考をぶった切られます。ですので、「考える」時間をしっかりと確保することが重要です。「考える」学習を始めたら、一気にやり切ることが重要です。過ぎ去った時間は返ってきません。やり始めたらやり切って結果・結論を出してください。この、「考えてたどり着く」という一連の流れが完結しないと、「考える」学習の効果は無いに等しいです。こうなってしまうと悲しいですよね。

これらの特性を認識したうえで、学習計画を立てていきましょう。「覚える」のお勧めは空き時間と「考える」の直前です。これは絶対に取り組みましょう。さらに「考える」学習の直後にも取り入れるとさらに効果的です。「考える」学習の後は頭もフル回転中ですので、効率よく吸収することができ、またクールダウンにもなりますよ。当たり前のことのように思われるかもしれませんが、時間を効率よく使って、最大限の効果を得られるよう学習計画を工夫してみましょう。







Author Profile

midzuki
自習室マイタスの運営本部、ハシヅメアーキテック代表者。本業は建設業。自習室マイタスの内装デザインおよび施工はすべて本人が行っている。
何事も断らない性格から、とある学習塾の塾長を任されたり、講師を兼任したり、工事のついでにオフィス機器の導入や慣熟指導、研修会講師など、自分でお役に立てることならできうる限り対応してきた。オフィスの新築・改装の際にワンストップで事務所機能をすべて揃えられると喜んでいただいている。ちなみに塾講師としての専門分野は現国で、現国で満点を取らせる男。

【その他の特徴】
◆一級施工管理技士
◆二級建築士
◆ネットワークに繋がるデバイスならだいたいなんとかできる。
◆基本的に自前主義で自分できることなら何でも自分でやる。
◆とにかく機械が好きで、友人のリサイクル工場で一日楽しめる。
◆ご要望が多いので現国の短期集中セミナーやるかも。
◆趣味は料理とギターで、Facebookから自炊録の移行を計画中。
◆最近、頭髪のことを気にしている。
◆こちら側のどこからでも切れないタイプの人種。
◆極度の育メン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA